• 子供たちの未来のために

    今年の3クラブ合同例会は、プリンスクラブ担当と言う事で、ドライバーとし ていろいろと考えました。合同例会の意味は、お互いのメンバーが親しくな れること。お互いが話し合ったりすることが大事ではないか。その為にどんな プログラムをしようか? まず、食事はお互いに取り分けたり出来る様に中華料理に決定。プログラム は話し合えることを考え国際委員会でおこなった事のあるワークショップを取 り入れてみようと言う事で、YMCAのスタッフである關さんにお願いしました。 当日は、グローバルクラブ、ウェルクラブ、プリンスクラブそしてウェストクラブ より2名の参加があり、総勢59名の大人数の例会になりました。八つのテー ブルでは、食事中には、和気あいあいの声や笑い声も聞こえ、出足良好。 いよいよ、關さんによるワークショップの開始です。「ちがいのちがい」という テーマですが、まずは、各テーブルで皆さんの共通の点を探してください。と の問題に面白い答えが続出。「みんな靴を履いてます。」「みんな財布を持っ てます。」「みんな日本人です。」・・・・ アイスブレーキングの後、本題に、各テーブルに10個のテーマが配られまし た。これらの問題であっても良い違いとあってはならない違いをグループで 相談して分けてください。 「○○君は色が黒いが、○○君は色が白い」「運動会のリレーで女子は100 m、男子は200m走る」「フィリピンの○○君は学校に行かず毎日缶拾いをし ているが、日本の○○君は学校に行って勉強している」「○○君は中学校卒 業してすぐ就職して働いているが、○○君は大学まで行っている」・・・・ 各テーブルでは喧々諤々の議論で盛り上がっていきました。(成功!) この三クラブ合同例会の目的は達成出来たように思いました。その後は二 次会へと流れ込んで行き、無事終了となりました。 又、こんな例会や、討論をするディベイト例会なんかを企画してみたいと思い ました。 みんなで盛り上げて頂き、楽しい例会になったことに感謝です。

     

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です