• 子供たちの未来のために

    自画自賛、自己満足!?さてどうでしょう…わたしはこの京都部部会、大成功だっ たと思っています。なぜならメンバー全員の『本気』を痛いほど感じることができたし 何より感動したので… 思い起こせば今から一年以上前、わたしのノートの日付はH.27.7.23… 椹木ワイズが京都部部会の実行委員長を引き受けて頂いた日。そのページ には、 椹木…わたしの言う事を聞いてください! こう書きとめて います。椹木実行委員長就任時の第一声です。そのことばを聞 いて彼女の『本気』を感じたわたしは背筋がピシッと伸び、気合が 入った事を覚えています。必ず椹木実行委員長を男に!?してみせ る(注1.椹木さんは女性です)こう思いました。またワイズ歴の浅いし かも女性の椹木ワイズに実行委員長を任すということで何かプリンス クラブのなかに新しい風のようなものが流れるのではと期待しまし た。…その後の彼女の活躍ぶりは言うまでもなく個性派揃いのメンバー をまとめ上げ、適材適所ひとりひとり力の発揮できる役割を任すところな ど素晴らしい采配でした。 わたしの今期の会長主題は【いつでも本気!】この主題に決めた理由の ひとつに京都部部会を成功させたいという思いがありました。限られたメン バーでホストをやりきるには全員が『本気』を出さなければ絶対無理だと思ったから です。今振り返ると椹木実行委員長を先頭にプリンスクラブのメンバーは誰ひとり 手を抜く事なく『本気』で取り組んで頂けました。みんな最高でした。感謝の気持ち でいっぱいです。なかなか大人になってからこんな感動は味わえないとも思ってい ます。プリンスクラブのみなさま、本当にありがとうございました。 メンバー全員のおかげで椹木実行委員長を男に!?することができたと思いき や…最後の挨拶で流された涙を見てやはり素敵な女性だった(注2.椹木さんごめ んなさい)と再確認しました。 ともあれ京都部部会のホストをやりきった私たちは、この勢いを失速させてはなら ないと思います。今期が始まってまだ3か月、メンバーの力を集結させ次なる目標 や課題に『本気』で挑戦していきましょう。

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です